札幌 ジェイ連勝誓う「自分たちのサッカーができれば勝てる」

[ 2018年10月3日 05:30 ]

明治安田生命J1第29節   札幌―横浜 ( 2018年10月5日    日産ス )

練習で軽快な動きを見せる札幌・ジェイ
Photo By スポニチ

 札幌は2日、札幌ドームホヴァリングステージで練習を行い、FWジェイ(36)が次節5日の横浜戦(日産ス)で連勝を誓った。次節はチームトップ12得点を挙げるFW都倉が累積警告で出場停止。もう一人のエース・ジェイに大きな期待が懸かる。

 「(横浜は)手ごわい相手。奇麗で攻撃的なサッカーをする。(札幌は)安定しない波はあるが、自分たちのサッカーができれば、どの相手にも勝てる」

 9月6日の北海道胆振東部地震後に公式戦3連敗を喫したチームは、同29日の鳥栖戦で白星。「いい結果で良かった。チャンスがいっぱいあり、結果は2―1だったが、3、4点取ってもおかしくはなかった」とし、勢いに乗るつもりだ。

 現在、勝ち点44の4位で残りは7試合。それでも、ジェイは「目の前の試合だけ。その先の試合は全く考えていない」と言った。リーグ戦では8月5日の柏戦以来、ゴールから遠ざかるが「アシストできれば、それだけでもうれしい」。ゴールよりも、まずは白星にこだわる。

 《河合「順調」初フルメニュー 戦列復帰へ意欲》札幌の40歳のベテランDF河合が完全合流した。8月の練習中に右ハムストリングの肉離れを発症。この日はゲーム形式を含めて初めてフルメニューをこなした。「久々だったのでハードだったが、いいフィジカルの練習ができた。順調にきた。(目標を)設定しながらコンディションを上げていきたい」と話し、戦列復帰へ意欲を見せていた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2018年10月3日のニュース