神戸 リージョ氏が30日鹿島戦でベンチ入り

[ 2018年9月29日 07:50 ]

 神戸は28日、きょう30日のホーム鹿島戦(ノエスタ)で新監督就任が決まっているファンマヌエル・リージョ氏(46)がアシスタントコーチとしてベンチ入りすることを発表した。一部就労環境が整ったことから、暫定体制としてイニーゴ・ドミンゲスヘッドコーチ(39)、ホルヘ・ムニョスアシスタントコーチ(42)とともにベンチ入りする。指揮は継続して林健太郎監督(46)が執る。

 17日に神戸市内での新体制会見に臨んだリージョ氏は、23日のアウェー浦和戦は三木谷会長らとスタンド観戦。0―4と大敗した一戦をチェックした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2018年9月29日のニュース