横浜 山中が窮地救った!アウェー200勝「全員で戦えた」

[ 2018年9月23日 05:30 ]

明治安田生命J1第27節   横浜2―1磐田 ( 2018年9月22日    ヤマハ )

<横浜・磐田>後半、横浜・山中(右)が勝ち越しゴールを決め笑顔を見せる(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 横浜はDF山中が窮地を救う決勝点を挙げた。1―1の後半41分。利き足の左を振り抜くと、低く鋭いミドルシュートを右隅に決めた。「個人的にはここ最近のパフォーマンスに納得がいっていなかった。結果にこだわっていた」。今夏にはトルコ1部バシャクシェヒルから獲得オファーを受けた。「やっぱりW杯に出たい。そのためには海外に行くのもひとつの手段」と気持ちは揺らいだが最終的には横浜のために身を尽くすと決めた。

 チームもアウェー通算200勝を達成。立役者となった金髪レフティーは「全員で戦えた結果」と胸を張った。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2018年9月23日のニュース