PR:

広島・青山 首位キープもドローを陳謝 カープの“前祝い”とはいかず「次は3を取れるように」

明治安田生命J1第27節第2日   広島1-1FC東京 ( 2018年9月22日    Eスタ )

<広島・FC東京>前半、競り合う広島・青山(左)とFC東京・田辺
Photo By 共同

 首位はキープしているものの、広島の日本代表MF青山敏弘(32)はサポーターに陳謝した。

 前半18分にFWパトリックのリーグトップタイ今季20得点目で先制するも、後半4分に追いつかれドロー。今季3番目に多い1万9031人のサポーターに勝利を届けることができず「カープが優勝争いをしている中でも、たくさんのサポーターが来てくれたし、勝ちたかったのが本音」とプロ野球の広島球団を引き合いに残念がった。

 野球の広島はセ・リーグ優勝間近。この日は本拠地マツダスタジアムで阪神とのデーゲームが行われていた。ダブル優勝への期待が高まる中、カープの“前祝い”とはいかず。ただ「苦しい中でも勝ち点が取れたので、次は3を取れるようにやっていく」と次戦・G大阪での勝ち点3に意気込んだ。

[ 2018年9月22日 22:40 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:10月21日12時〜13時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      ACL

      海外サッカー

      コラム