PR:

神戸・イニエスタ 23日の浦和戦出場が流動的に 右太腿前の付け根付近に違和感

 神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、23日のアウェー浦和戦(埼玉)に出場するか流動的となった。22日に神戸市西区で非公開調整。右太腿前の付け根付近に違和感を訴えていた背番号8の出場可否について、暫定体制で監督を務める林健太郎アシスタントコーチは「明日の状態を見てから」と語った。

 自ら途中交代を申し出た前節G大阪戦の試合後に「残念ながらまだ100%の状態にはない」と話していたイニエスタ。万全の状態ではなくても、G大阪戦では決定機を演出していただけに、欠場することになれば神戸にとっては大きな痛手となる。

 前節で公式戦4連敗を喫したこともあり、吉田孝行監督が解任され、後任としてスペイン人のファンマヌエル・リージョ監督が就任した神戸。ただ、就労ビザなどの関係もあって、浦和戦は暫定体制として林アシスタントコーチが指揮を執る。

[ 2018年9月22日 17:57 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:10月16日07時〜08時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      ACL

      海外サッカー

      コラム