バルサ CL初戦で快勝 メッシ大会通算8回目ハット

[ 2018年9月19日 17:02 ]

欧州チャンピオンズリーグ(CL)1次リーグB組第1節   バルセロナ4―0PSV ( 2018年9月18日 )

ハットトリックを決めたバルセロナのメッシ(AP)
Photo By AP

 欧州チャンピオンズリーグ(CL)は18日に1次リーグが開幕。4季ぶりの優勝を目指すB組のバルセロナ(スペイン)は、FWリオネル・メッシ(31)の3得点などで4―0とPSVアイントホーフェン(オランダ)に大勝した。

 メッシのハットトリックは大会通算8回目。7回で並んでいたFWクリスティアーノ・ロナウド(33=ユベントス)を抜いて単独最多記録を樹立した。

 圧巻のパフォーマンスだった。前半32分に約25メートルのFKを左足でゴール右上に決めて先制。2―0の後半32分には、MFラキティッチの浮き球のパスから左足で追加点を決めた。後半42分にはFWスアレスのスルーパスを受けて右足で3点目。大会歴代2位の得点数を103に伸ばした。

 バルベルデ監督は「メッシは並外れたことをルーティン(当たり前)のようにやる。FKはちょうど先制点がほしい時に決めてくれた。見事なゴールだった」と絶賛。国内リーグを含めて開幕5戦7発の活躍で、チームを公式戦5連勝に導いた。

続きを表示

「日本代表」特集記事

「サッカーコラム」特集記事

2018年9月19日のニュース