神戸 三木谷会長「まさか、来てくれるとは思っていなかった」

[ 2018年9月17日 16:40 ]

記念撮影をする三木谷会長とファン・マヌエル・リージョ監督(撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 神戸の新体制発表会見に出席した三木谷浩史会長は、ファン・マヌエル・リージョ氏の新監督就任に対して正直な思いを口にした。

 戦術家として知られ、現在はマンチェスター・シティーで指揮を執るジョゼッペ・グアルディオラ監督に師と仰がれているリージョ氏。その経験豊富な指揮官が神戸の監督就任要請に応じてくれたことに三木谷会長は「ポゼッションサッカーの開拓者。(監督として)ちょうど空いていて、我々のプロジェクトにも興味を持っている、と。まさか、来てくれるとは思っていなかったんですけど。このプロジェクトに意味があると理解してもらえたので、彼にやってもらうことになりました」と、驚きを込めて話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年9月17日のニュース