PR:

鹿島・鈴木、終了直前V弾 エースらしく前回対戦の借り返した

明治安田生命J1第26節   鹿島2―1湘南 ( 2018年9月14日    カシマ )

<鹿島・湘南>後半、鹿島・鈴木はヘディングでゴールを決め喜ぶ(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 2試合が行われ、鹿島はホームで湘南を2―1で下した。1―1の後半アディショナルタイムに、途中出場のFW鈴木優磨(22)がヘディングで決勝点をマーク。リーグ3試合ぶりの勝利へと導いた。C大阪―磐田は1―1の引き分けに終わった。

 「俺もあの人のようにチームを勝たせられる選手になりたい」――。その言葉を体現するかのような、エースらしい得点だった。後半アディショナルタイム。DF西からのクロスを鈴木が頭で勝ち越し点を奪った。両手を広げて吠え、喜びを爆発させる。1―1の緊迫する展開で結果を残し「その方が逆に燃えた」と笑った。

 前エースのFW金崎が鳥栖に移籍した後、最近は公式戦7試合でゴールから遠ざかっていた。この日2アシストの西に自らクロスを要求して好機を逃さずに仕留め、前回対戦時に後半アディショナルタイムの失点で敗れた湘南に借りを返した。9日のルヴァン杯・川崎F戦に続いて勝ちきり、「チームとして勢いがつくゲームだった」とうなずいた。大型台風22号の接近に伴い、第1陣の選手は15日の午前4時には18日のACL天津権健戦に向けて鹿嶋からマカオへと出発する。タイトルに向け、歩みを緩める暇はない。

[ 2018年9月15日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:09月22日08時〜09時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      ACL

      海外サッカー

      コラム