PR:

鈴木大輔 タラゴナ退団 16年からプレー、通算3シーズンでリーグ戦67試合に出場

 元J1柏の元日本代表DF鈴木大輔(28)が、スペイン2部タラゴナを退団したことを明かした。

 20日、自身のインスタグラムにスペイン語のメッセージを投稿。「みなさんにお別れを伝えたい。日本以外でプレーするチャンスを与えてくれた特別なクラブを離れる決断を下すのは、私にとって本当に難しかった」と16年からプレーしてきたクラブに別れを告げた。

 「選手として、人間として成長できた。一緒に戦った同僚、コーチ、スタッフ、クラブの人々、いつもサポートしてくれたファンに感謝しています。タラゴナのみなさんが親切に接してくれたことは決して忘れません。私にとってタラゴナは第二の故郷で、心のクラブです」と思いをつづった。

 今後については「タラゴナで学んだことを生かして、これからも前に進んでいきたい」とだけ記し、明言は避けた。

 鈴木は2016年1月にJ1柏を退団。同2月にタラゴナに加入し、通算3シーズンでリーグ戦67試合に出場した。

[ 2018年8月20日 23:07 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:11月18日22時〜23時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      ACL

      海外サッカー

      コラム