早くも盟友対決実現?イニエスタ&トーレス、ともに天皇杯に選手登録

[ 2018年8月20日 17:16 ]

イニエスタ(左)とトーレス
Photo By スポニチ

 日本サッカー協会は20日、22日の開催試合から適用される天皇杯の選手登録変更を発表。神戸入りしたスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)、鳥栖入りした元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(34)らが登録された。

 神戸と鳥栖は明治安田生命J1リーグでは11月10日に行われる第32節(ノエスタ)で対戦するが、その前に22日の天皇杯4回戦(ベアスタ)で対戦する。イニエスタは19日に行われた湘南とのリーグ戦(BMWス)後に「次は大事な友人との特別な試合だからね」と話しており、早くも盟友対決の実現なるか注目される。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2018年8月20日のニュース