J2東京V 大分とスコアレスドロー、町田が松本下し2位浮上

[ 2018年8月19日 05:30 ]

明治安田生命J2第29節 ( 2018年8月18日 )

 各地で10試合を行い、首位の松本は町田との上位対決に、0―1で敗れた。連勝が5で止まり、勝ち点は56のまま。町田は同53で2位に浮上した。大分は東京Vと0―0のドローで同51の3位となっている。

 J2東京Vは2位の大分と0―0で引き分けた。ボランチの渡辺がアジア大会に出場、畠中も横浜に移籍したために厳しい戦いだったが、ロティーナ監督は「後半は我々がやりたいプレーができ、決定機もつくることができた」と評価した。しかし、畠中の移籍については「移籍期限ギリギリで引き抜かれたチームは(選手獲得の)期限を延長する措置を取ってほしい」と訴えた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2018年8月19日のニュース