札幌ミシャ監督、外国籍監督歴代最多174勝「記録よりも今日の勝利がうれしい」

[ 2018年8月19日 17:09 ]

明治安田生命J1第23節   札幌3―2FC東京 ( 2018年8月19日    札幌ドーム )

<札幌・FC東京>勝利を飾り、大喜びのペトロヴィッチ監督(左)
Photo By スポニチ

 J1札幌のミハイロ・ペトロヴィッチ監督(60)が外国籍監督としてJ1歴代最多勝利となる174勝目をマークした。FC東京に前半2点を先制されたが、後半に一挙3得点で叩き、4試合ぶりの白星を飾った。

 06年から11年まで広島、12年から17年途中まで浦和で指揮を執り、今季から札幌の監督に就任。新天地で今季9勝目を挙げ、V川崎、名古屋、柏、神戸を神戸を率いたネルシーニョ氏(68)が持つ最多記録を更新した。

 広島時代にコーチを務めた現日本代表の森保一監督(49)の恩師でもある還暦指揮官は「記録よりも今日の勝利の方がうれしい」とホームで約3カ月ぶりの勝利の味をかみしめていた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2018年8月19日のニュース