川崎F 小林2桁弾で首位討ち必ず「気持ちで負けないように」

[ 2018年8月19日 05:30 ]

明治安田生命J1第23節   川崎F―広島 ( 2018年8月19日    Eスタ )

 川崎F主将のFW小林が19日のアウェー・広島戦を優勝を占う大一番と位置づけた。1試合消化が少ないが、首位・広島との勝ち点差は9。3年連続の2桁得点に王手をかけているエースは「勝つか負けるかで、優勝できるかできないかが見えてくる」と強調。

 鳥栖戦は無得点に終わったが、好調を維持しており「この試合の重要性はみんな分かっている。気持ちの部分で負けないように」と力を込めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2018年8月19日のニュース