ブレーメン大迫 移籍後初ゴール、初公式戦いきなり頭で決めた

[ 2018年8月19日 05:30 ]

ドイツ杯1回戦   ブレーメン6―1ウォルムス ( 2018年8月18日 )

<ブレーメン・ウォルムス>前半、ヘディングでゴールを決めるブレーメン・大迫(右奥)
Photo By 共同

 ブレーメンの日本代表FW大迫が移籍後初ゴールを決めた。前半9分、味方の直接FKに最後は頭で合わせ、貴重な先制点を挙げた。その後、後半19分に途中交代した。

 6月のW杯ロシア大会では4試合に出場し、1次リーグ初戦のコロンビア戦で、決勝点を挙げるなど活躍。新天地での挑戦を前に「得点に絡むことを凄く要求されると思う。そこは逃げずに突き詰めていきたい」と話していたが、W杯での勢いそのままに今季初の公式戦でも好調ぶりを示した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2018年8月19日のニュース