ユベントス 元伊代表マルキジオとの契約解除、仏モナコ移籍か

[ 2018年8月17日 17:30 ]

 イタリア・セリエAのユベントスは17日、元イタリア代表MFクラウディオ・マルキジオ(32)の契約を両者合意の上で解除すると発表した。

 地元トリノ出身のマルキジオは1993年に7歳でユベントスの下部組織に加入。2005年に19歳でトップチームに昇格し、エンポリに期限付き移籍した2007〜08年をのぞいてユベントスで12シーズンにわたりプレーしてきた。ユベントスで公式戦通算389試合に出場して37得点。昨季までのセリエA7連覇にも貢献し、クラブは「マルキジオはユベントスで(下部組織を含め)25年にわたる冒険を終えた。すべてにありがとう」と感謝した。

 去就については未定だが、地元メディアではフランス1部モナコに移籍すると報じられている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2018年8月17日のニュース