神戸・吉田監督「狙い通りの形」ポルディ→イニエスタで決めた得点喜ぶ

[ 2018年8月11日 21:50 ]

明治安田生命J1第21節最終日   神戸2―1磐田 ( 2018年8月11日    ノエスタ )

<神戸・磐田>前半15分、先制ゴールを決め祝福されるイニエスタ (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 3試合ぶりの白星をつかんだ神戸の吉田監督は「選手たちが素晴らしい試合をしてくれて誇りに思います」と第一声。元ドイツ代表MFポドルスキとスペイン代表MFイニエスタを初めて同時にピッチに送り出し、ポドルスキのパスをイニエスタが来日初ゴールしたことを「狙い通りの形から得点も生まれましたし、非常に手応えを感じています」と喜んだ。

 同じく新戦力のFW古橋もゴールを決めての快勝。「勝つと負けるでは全然違う。自信になると思います」とし、広島をホームに迎える15日の次節に向けて「自分たちのサッカーをするだけなので絶対勝ちたいと思います」と首位撃破に意欲を見せた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2018年8月11日のニュース