G大阪 移籍のMF小野瀬が合流「魅力的なクラブ」

[ 2018年8月3日 20:49 ]

 J2山口からG大阪に完全移籍で加入したMF小野瀬康介(25)が3日、チームに合流した。宮本恒靖監督(41)からは「何て呼ばれているの?」と声を掛けられたといい「イケメンでした」と第一印象を口に。この日、選手登録が終わり、早ければ5日の名古屋戦(豊田ス)から出場が可能になる。

 「前を向いたら何かをする自信はある」。山口では霜田監督からプロとしてのあり方など様々な指導を受けて成長し、今季J2ではリーグ4位タイの10得点。ドリブル突破を武器とし、前線からのハードワークもできるようになった。宮本監督就任直後に正式オファーが届き、即決。「順位とかは関係ない。魅力的なクラブ。1日、1日を大切にしたい。山口での感謝の気持ちを忘れずにやっていきたい」と新天地でのさらなる飛躍に意気込んだ。

続きを表示

「日本代表」特集記事

「サッカーコラム」特集記事

2018年8月3日のニュース