鹿島の昌子 左足首関節の捻挫で全治約3週間

[ 2018年7月26日 18:25 ]

 J1鹿島は26日、ワールドカップ(W杯)ロシア大会日本代表のDF昌子源(25)が左足首関節の捻挫で全治約3週間と診断されたと発表した。

 25日のC大阪戦の前半終盤、C大阪MF水沼のシュートをブロックしようと左足を大きく伸ばし、着地に失敗。芝に左足首が引っかかり、ひねって倒れた。プレー続行は不可となり途中交代。試合後は左足首にテーピングを巻き、右手で杖を付いて会場を後にした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2018年7月26日のニュース