最下位・名古屋がまた補強!横浜からDF金井獲得「熱く強いオファーに心動かされた」

[ 2018年7月25日 17:46 ]

 J1名古屋は25日、J1横浜からDF金井貢史(28)が完全移籍で加入すると発表した。背番号は31。

 神奈川県出身の金井は中学時代から横浜のアカデミー(育成部門)で育ち、2008年にトップチームへ昇格。鳥栖、J2千葉への移籍を経て16年に古巣の横浜へ4年ぶりの復帰を果たしていた。リーグ戦の通算成績はJ1が125試合7得点、J2が35試合5得点。今季はここまでJ1で6試合2得点だった。

 金井は名古屋を通じ、「熱く強いオファーを受け、ひとりのサッカー選手として心を動かされました。熱いプレーでグランパスの為に闘います」とコメント。

 横浜を通じては「この決断は私にとって簡単ではありませんでした。憧れのトリコロールのユニフォームを再び着られた時の感動は忘れられません。どんな時も支えてくれたファンサポーターの皆さま、ありがとうございました。そしてF・マリノスに関わる全ての方々に感謝します。本当にありがとうございました」と談話を発表している。

 J1最下位に低迷する名古屋は今月4日にJ1のFC東京から元日本代表DF丸山祐市(29)、19日にはJ2松本から元U―23日本代表MF前田直輝(23)を完全移籍で獲得してともに22日の広島戦に即先発起用するなど、今夏の移籍市場で積極的に選手を補強している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2018年7月25日のニュース