イニエスタ“移籍後初ゴール”に大歓声!初の公開練習にサポ1000人

[ 2018年7月25日 12:37 ]

多くのサポーターが見守る中で練習するイニエスタ(中央)
Photo By スポニチ

 神戸が25日、本拠地ノエビアスタジアムで公開練習を行い、今夏に加わったスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)が1000人のサポーターの前でプレーした。

 7月から普段の練習は非公開となっているため、イニエスタの練習をサポーターが見られるのは、これが初めて。紅白戦で主力組に入ると、相手のミスを突いて右足で“移籍後初ゴール”となるゴールを決め、サポーターの歓声を浴びた。

 約1時間30分の練習後にサインにも応じたイニエスタ。前節・湘南戦でJデビューを飾った超大物助っ人への期待感は依然として高いままだ。28日にはホーム柏戦(ノエスタ)を控えている。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2018年7月25日のニュース