イニエスタ「8」ユニは在庫なし…チケット売れ行きも通常の10倍に

[ 2018年7月23日 08:12 ]

明治安田生命J1第17節   神戸0―3湘南 ( 2018年7月22日    ノエスタ )

<神戸・湘南>イニエスタの背番入りユニフォームを着用する神戸サポーター(撮影・中村与志隆)
Photo By スポニチ

 神戸に新加入したスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)が22日、ホーム湘南戦でJリーグデビューを果たした。後半14分からピッチに立ち、世界基準のパスを連発。試合は0―3で敗れたが、年俸32億円(推定)の史上最高額助っ人の実力の一端は見せた。デビュー戦には2万6146人のサポーターが駆けつけ、異次元のプレーを見守った。

 クラブによると、この日のチケットは先行販売開始直後に売れ行きが通常の約10倍に達し、指定席は試合前に完売。6月に発売されたユニホームも飛ぶように売れ、一部のサイズを除いて今後の販売は9月以降になるというほどのフィーバーぶりだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年7月23日のニュース