パルマ、八百長で勝ち点減 FWカライオは2年間の出場停止と罰金2万ユーロ

[ 2018年7月23日 22:11 ]

 2018〜19年シーズンにイタリア1部リーグ(セリエA)に昇格するパルマが23日、FWカライオが八百長を試みたとして、開幕から勝ち点5を減点されることになった。カライオには2年間の出場停止と罰金2万ユーロ(262万円)が科された。パルマは司法当局に上訴するとの声明を出した。

 カライオは今年5月、2部リーグ最終戦の前に、相手チームの選手に激しく体をぶつけないように求めるテキストメッセージを送った。試合はパルマが2―0で勝ち、自動昇格を決めた。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年7月23日のニュース