ローマ アリソン代役にスウェーデン代表GKオルセン獲得

[ 2018年7月23日 13:56 ]

 イタリアのテレビ局「スカイスポーツ」は22日、セリエAの強豪ローマがデンマーク1部コペンハーゲンからスウェーデン代表GKロビン・オルセン(28)を獲得したと報じた。同局によれば、ブラジル代表GKアリソン(25)をGK史上最高額の約98億円でリバプールに放出したローマは、後継者にW杯でも活躍したオルセンを指名。約1150万ユーロ(約15億円)の移籍金でクラブ間で合意に達し、オルセンは近日中にもローマ入りし正式契約を結ぶ見通しという。

 オルセンはW杯ロシア大会にもスウェーデン代表として出場。不動の守護神として、準々決勝ではイングランドに敗れたもののチームの8強進出に大きく貢献した。国際Aマッチは23試合に出場。これまでスウェーデンのマルメや、ギリシャのテッサロニキなどでプレーした経験を持つ。同局によれば、先のW杯での活躍が目に留まり、かつて元日本代表MF中田英寿氏も所属したことで知られるローマは長い交渉の末に獲得に成功したという。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年7月23日のニュース