酒井高徳 代表引退で独自の美学「結果を残せなかった選手は代表に居続けるべきではない」

[ 2018年7月23日 16:51 ]

欧州へ出発する酒井高徳
Photo By スポニチ

 W杯日本代表DF酒井高徳(27=ハンブルク)が23日、欧州への出発前に成田空港で取材に応じた。

 激闘後のオフは久々にゆっくりできたようで、「夏らしいことをずっとしていなかった分、今回はバーベキューなりいろいろできた」と笑顔。さらに「もう気持ちは切り替わっている。新シーズンの目標はチームの1部昇格」と意気込んだ。

 また、日本代表からの引退についても改めてコメント。「今まで自分がやってきた立場を次の4年間でもう1度やる可能性を考えた際、そこのポジションは僕の歳でやる必要はないかなと思う。やっぱり結果を残せなかった選手は代表に居続けるべきではない。もちろん寂しいし、結果を残せなかったので悔いしかない。ただ、決心はついているので言葉は覆さない」と胸中を告白した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2018年7月23日のニュース