柴崎「新チームで確固たる地位を」W杯で得た自信胸に新シーズンへ 結婚も改めて報告

[ 2018年7月23日 12:12 ]

出国する柴崎(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 W杯ロシア大会で日本の司令塔として活躍したMF柴崎岳(26=ヘタフェ)が23日、欧州への出発前に羽田空港で取材に応じた。女優の真野恵里菜(27)との結婚発表後、初めて自らの口で結婚を報告。報道陣を前に「先日もご報告させてもらった通り、真野恵里菜さんと結婚しましたことを、ここであらためてご報告させてもらいます。これからもよろしくお願いします」と話した。

 取材では「新チーム」という言葉も飛び出した。「W杯で、ああいったレベルの舞台でも十分やれることを証明できた。自信を持って新シーズンに臨みたい。あとは新チーム、これからプレーするチームの中で、まずはしっかりと確固たる地位を築くこと。仲間の信頼、スタッフの信頼、監督の信頼を得なきゃいけない。今ある自分の力をしっかりと出して、試合の中で成長していきたい」。22年カタールW杯に向けてのスタートとなる今季への抱負を力強く語った。

 柴崎はヘタフェと21年夏まで契約を残すものの、ポルトガル1部・強豪ポルトへの移籍の可能性などが報じられている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年7月23日のニュース