新加入ドウグラス1号も!清水 北川V弾で2連勝 8位に浮上

[ 2018年7月23日 05:30 ]

明治安田生命J1第17節   清水2―1G大阪 ( 2018年7月22日    吹田ス )

<G大阪・清水>後半20分、ゴールを決め祝福される清水・ドウグラス(右)(撮影・山口和洋)
Photo By スポニチ

 清水はG大阪を2―1で下し、09年以来のアウェー白星で今季2度目の連勝を飾った。FW北川航也(21)の連発と、新加入FWドウグラス(30)の1号で、前節のC大阪に続いて浪速勢を撃破。8位に浮上した。

 痛快デビュー弾だ。1―0の後半20分。北川の右クロスを新助っ人が頭で合わせ、強烈な弾道でネットに突き刺した。Jでは広島に所属した15年11月22日以来の得点。トルコ1部アランヤスポルから今月6日にチームに合流したばかりだが、2トップの一角に入り「ストロングをもっとストロングにした」というヘディングで、いきなり存在感を発揮した。

 北川は前半26分に相手DFに倒されてPKを獲得。冷静に右隅に決めて今季2度目の連発となる7号で先制した。前節でJ1自己最多得点を更新し、チーム得点ランキングもトップに。ヤン・ヨンソン監督(58)も「追加点を狙えるシーンも多く、非常に良い内容だった」と満足げだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年7月23日のニュース