磐田 8戦ぶり完封!敵地で札幌とスコアレスドロー

[ 2018年7月23日 05:30 ]

明治安田生命J1第17節   磐田0―0札幌 ( 2018年7月22日    札幌厚別 )

<磐田・札幌>前半33分、PKを止める磐田GKカミンスキー(奥)
Photo By スポニチ

 磐田は敵地で札幌とスコアレスドロー。リーグ8試合ぶりの零封で勝ち点1を重ねた。

 後半に向けて光が差した。昨季リーグ最少30失点の堅守が復活。前半33分にGKカミンスキー(27)が相手のPKをセーブ。最終ラインもJ1150試合出場を達成したDF高橋祥平(26)を中心にネットを揺らさせなかった。

 また、川崎Fから新加入の元日本代表FW大久保嘉人(36)がデビュー。後半18分にピッチに立つと35分に右足でファーストシュート。中盤で起点となり、FW川又堅碁(28)に鋭いパスを通すなど存在感を見せた。リーグ前半戦を収穫の多い内容で締め、次は28日に敵地で鳥栖戦。元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスが加入した注目の相手から5試合ぶりの勝利をつかむ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年7月23日のニュース