長谷部はベルギー戦で腰を骨折していた?石橋貴明が生放送で衝撃発言

[ 2018年7月17日 10:03 ]

ベルギー戦で必死にディフェンスする長谷部
Photo By スポニチ

 「とんねるず」石橋貴明(56)が16日、自身がMCを務めるフジテレビ「石橋貴明のたいむとんねる」(月曜後11・00)の生放送に出演。W杯ロシア大会の日本―ベルギー戦の試合中に、主将のMF長谷部誠(34)が「腰を骨折してしまったらしい」と明かした。

 この日は終わったばかりのW杯を生放送で熱く語り合う企画を放送。プライベートで長谷部と話す機会があったという石橋は「今回の“取材”で分かったことがあって、ヘディングで(同点ゴールを)入れられましたよね。あれで長谷部くんが競って、腰を骨折してしまったらしい。折れちゃったんだって」と衝撃発言。ゲストの小柳ルミ子(66)も「本当に?」と驚愕した。

 続けて石橋は「折れていたけど最後までいきました」と長谷部の精神力の強さに感嘆。「キャプテン言ってましたけど、ベルギーチームの体の大きさと圧で、時間を追うごとにプレッシャーが来たらしい」と逆転負けを喫した試合を悔しそうに振り返っていた。

続きを表示

「日本代表」特集記事

「サッカーコラム」特集記事

2018年7月17日のニュース