PR:

イングランド代表 恋人や妻は試合に興味なし?英紙批判「そっちのけで化粧、携帯電話に…」

3位決定戦でベルギーに敗れ、ぶ然とした表情でピッチを去るイングランドのハリー・マグワイア(中央左)、キーラン・トリッピアー(同右)ら(AP)
Photo By AP

 イングランド代表の夫人やガールフレンドで構成される「WAGs」(Wives And Girlfriendsの略)が、14日に行われたベルギーとのW杯ロシア大会3位決定戦で、試合そっちのけで携帯電話や飲食に興じていたと、14日付の英紙サン(電子版)が報じた。

 同紙は「化粧や飲食、携帯電話に夢中で、試合に関心を示していなかった」と指摘。特にDFハリー・マグワイア(25)のガールフレンドのファーン・ホーキンスさんと、FWジェイミー・バーディー(31)のレベッカ夫人については、「試合に興味を示さず、応援していなかった。スナックや飲み物を楽しんでいて、上の空だった」と証拠写真とともに批判した。

 イングランドは0―2でベルギーに完敗。4位でW杯を終えた。

[ 2018年7月15日 17:44 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:08月18日04時〜05時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      ACL

      海外サッカー

      コラム