Cロナ移籍金高い!ユベントス親会社がスト「もう我慢できない」

[ 2018年7月13日 05:30 ]

ポルトガル代表でも背番号「7」を着けるC・ロナウド
Photo By ゲッティ イメージズ

 ポルトガル代表のC・ロナウドのユベントス移籍が、思わぬ騒動を引き起こした。

 ユベントスの親会社である地元イタリアの自動車メーカー・フィアットの組合が15〜17日にストを行うと発表。ユベントスはRマドリードに移籍金1億ユーロ(約130億円)を支払い、C・ロナウドとは年俸3000万ユーロ(約39億円)の4年契約を結んでおり、組合は「会社は選手一人に数百億円を使うのに、我々には“不景気だから”と言って犠牲を強いてきた。もう我慢できない」と抗議した。C・ロナウドはプロモーション活動で今月下旬に来日予定。新天地での背番号は7で、コロンビア代表Ju・クアドラードから譲り受けた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2018年7月13日のニュース