PR:

ポドルスキ 剥離骨折で今季2度目の離脱 イニエスタとピッチに立つのは8月中旬以降に

神戸のポドルスキ
Photo By スポニチ

 イニエスタ&ポドルスキの共存はお預け…。神戸は12日、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(33)が「左足内側楔状骨剥離骨折」と診断されたことを発表した。和歌山キャンプ中の6月28日に負傷し、全治まで受傷日から6週間を要する見込み。長期離脱を余儀なくされ、現在はチームを離れて治療などのために母国ドイツに帰国している。

 今年5月には左腓腹筋肉離れを負い全治8週間の離脱を強いられたポドルスキ。今季2度目の離脱により、18日から再開するリーグ戦にはしばらく出場できないことが決まった。加入が決定しているスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)の来日が近づいているものの、注目の2人がピッチに並び立つのは8月中旬以降になりそうだ。

[ 2018年7月12日 15:42 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:09月26日18時〜19時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      ACL

      海外サッカー

      コラム