川崎F PK戦制して辛勝 憲剛、課題挙げながらも前向き

[ 2018年7月12日 05:30 ]

天皇杯・3回戦   川崎F1―1(PK4―2)水戸 ( 2018年7月11日    Ksスタ )

水戸とのPK戦を制し、喜ぶ谷口(5)ら川崎イレブン
Photo By 共同

 川崎FはPK戦を制し辛くも4回戦へ駒を進めた。前半4分に中村の右クロスから谷口が頭で決めて先制。だがその後はミスも多く追加点を奪えずに後半アディショナルタイムに同点に追いつかれた。

 延長戦でも決着がつかずに突入したPK戦では相手が2本ミスしたのに対し、4人全員が決めて勝利。中村は課題を挙げながらもクラブで初めてキッカーを務めたPKを決めたとあって「新しい扉を開いたのかな」と、前向きに振り返った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2018年7月12日のニュース