PR:

【佐々木則夫 視点】フランス、勝つための“戦術の切り替え”が見事

W杯決勝トーナメント準決勝   フランス1―0ベルギー ( 2018年7月10日    サンクトペテルブルク )

フランス―ベルギー 前半、パンチングでクリアするフランスのGKロリス(右)
Photo By 共同

 フランスの勝つための戦術の切り替えは見事だった。後半6分に先制した後は、攻撃重視からブロックを敷いて守り、ショートカウンターで攻めることを徹底した。4バックとボランチ2人の6人で最終ラインを形成。サイドからの精度の高いクロスを封じ、中も人数をかけてスペースを与えないようにした。ルカクに決定的な仕事をさせず、E・アザールにもドリブルで仕掛けられたのは2〜3回だった。こういう展開で決め手となるのはセットプレー。決勝点の右CKは特別なことはしなかったが、ニアでウンティティが長身DFの前にうまく入って合わせた。終盤もヌゾンジをボランチに入れてキープ力のあるポグバを1列上げるなど、選手の特徴を考えた配置も興味深かった。

 ベルギーの守備も素晴らしかった。守るときは4バックで、左サイドのフェルトンゲンがエムバペにスペースを与えなかった。ボールを奪うと右サイドのシャドリが高い位置を取って3バックで攻め、流動的に戦い、どちらが勝ってもおかしくない試合だった。(元なでしこジャパン監督) 試合結果  決勝トーナメント組み合わせ  フランス代表  ベルギー代表

[ 2018年7月12日 09:56 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:07月19日20時〜21時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム