エムバペ、芸術パス魅せ存在感示す 決勝進出に無邪気な笑み

[ 2018年7月12日 05:30 ]

W杯決勝トーナメント準決勝   フランス1―0ベルギー ( 2018年7月10日    サンクトペテルブルク )

ベルギー戦の後半、ボールをキープするフランスのエムバペ(右手前)
Photo By 共同

 フランスの19歳の快足アタッカー、エムバペは2試合連続で無得点に終わったが、存在感を示した。前日練習を休んで状態が心配されたが、試合開始直後、抜群のスピードで右タッチライン際を突破。後半には巧みなヒールパスでFWジルーへパスをつなぐなど6度の決定機をつくった。

 終盤に意図的にボールを蹴って時間を稼ぎ、遅延行為で警告を受けたが「信じられない。夢のまた夢。想像さえしていなかった」と決勝進出に無邪気な笑顔を浮かべた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2018年7月12日のニュース