C・ロナウド ユーベ決定!移籍金136億円の4年契約

[ 2018年7月11日 05:30 ]

欧州CL5度目の制覇を喜ぶC・ロナウド(AP)
Photo By AP

 ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(33)が、欧州CL3連覇のレアル・マドリードからセリエA7連覇のユベントスに移籍すると10日、Rマドリードが発表した。スペイン・メディアによると移籍金1億500万ユーロ(約136億円)の4年契約。C・ロナウドは2009年にマンチェスター・ユナイテッドからRマドリードに移籍。12〜13年から6季連続で欧州CL得点王に輝き、5度優勝に導いた。ただ、ピッチ外では圧倒的な権力を持つペレス会長との関係悪化も取り沙汰されていた。

 セリエAは近年は外資で潤うイングランドなどに押されているが、それでもユベントスはセリエA優勝34度、欧州制覇2度の名門。「41歳まで現役」と宣言している33歳FWにとって、自らの価値をさらに高める挑戦と捉えたのかもしれない。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年7月11日のニュース