槙野 西日本豪雨被災地「サポートしたい」故郷への思い語る

[ 2018年7月11日 05:30 ]

天皇杯3回戦   浦和―松本 ( 2018年7月11日    松本 )

広島出身の浦和DF槙野は豪雨被災地をサポートしたい意向を示した
Photo By スポニチ

 広島出身のW杯日本代表DF槙野が、西日本豪雨の影響で甚大な被害を受けた広島、岡山などの被災地を全力でサポートする意向を示した。

 「手助けになれるのならサポートしたい。物資を送ったり、時間があれば一番は出向いて行きたいです」と故郷への思いを語った。よく知る街が姿を変え、ジュニアユース時代の練習場も使えない状況という。広島時代のサポーターらから「力を貸してほしい」と連絡が届き、いてもたってもいられなくなった。11日は天皇杯のJ2松本戦。ロシアから5日に帰国したばかりだが、出場濃厚。まずは全力プレーで勇気を届ける。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2018年7月11日のニュース