試合後に問題投稿…クロアチア協会 政治的発言のコーチを解雇

[ 2018年7月11日 05:30 ]

ロシアW杯準決勝   クロアチア―イングランド ( 2018年7月11日    モスクワ )

イングランド戦に向け調整するクロアチア代表DFビダ
Photo By ゲッティ イメージズ

 クロアチア協会は準々決勝のロシア戦後に投稿された動画で「この勝利をウクライナにささげる」と発言したブコイエビッチ・コーチを解雇した。

 元クロアチア代表MFの同コーチはかつてディナモ・キエフ(ウクライナ)所属で、ウクライナと対立するロシアは政治的意図があると反発していた。FIFAは同コーチに1万5000スイスフラン(約168万円)の罰金を科したが、動画で「ウクライナに栄光を」と叫んだDFビダは注意処分にとどまっている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年7月11日のニュース