本田が同点弾も決勝T進出持ち越しに「本音を言えば今日決めたかった」

[ 2018年6月25日 02:07 ]

W杯1次リーグH組   日本2―2セネガル ( 2018年6月25日    エカテリンブルク )

<日本・セネガル>後半、ゴールを決めた本田(右)と岡崎(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会第11日は24日、1次リーグが行われ、H組の日本(FIFAランク61位)はエカテリンブルクでセネガル(同27位)と対戦し2―2で引き分けた。後半26分に勝ち越しを許したが、香川に代わって出場した本田が33分に同点弾を決めた。

 試合後の本田のコメントは以下の通り。

――殊勲の同点ゴール。

 「(アシストした乾)貴士のボールが凄くいいところにきた。外したらマズい場面だったので決めることができてよかった」

――チーム一丸でつかんだ勝ち点1。

 「コロンビア戦よりはいい戦いができたと思う。次の試合が大事」

――次戦に向けて。

 「負けたら敗退もありうる大事な試合。そういう意味では緊張感がある。本音を言えば今日決めたかったが、これがワールドカップの厳しさだと思うので、ポーランドの分析をしっかりして準備したい」

続きを表示

この記事のフォト

「日本代表」特集記事

「サッカーコラム」特集記事

2018年6月24日のニュース