PR:

西野Jに新たな不安要素 指揮官「やりにくい」

日本代表カザン合宿 ( 2018年6月15日 )

<日本代表練習>練習中に指示を出す本田(左)と西野監督(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 西野ジャパンに新たな不安要素が現れた。

 埼玉スタジアムなど一般的なピッチは20ミリだが、カザンの練習場ピッチの芝は24ミリと長い。前日の開幕戦の映像を確認した指揮官は「ピッチがどこも悪い。ここも非常にやりにくい。どうしてもボールがブレる。(初戦の)サランスクはさらに長いと聞いている」と嘆いた。

 練習後には武藤や原口、乾がドリブルについて意見交換。武藤は「芝も長いので、ドリブルがしにくい。(技の)バリエーションや可能性を想定した」と話した。 日本代表メンバー  W杯1次リーグH組

[ 2018年6月16日 08:38 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:07月18日09時〜10時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム