横浜 格下に3失点…「3回戦に進めたことだけがポジティブ」

[ 2018年6月7日 05:30 ]

天皇杯2回戦   横浜4―3FC大阪 ( 2018年6月6日    ニッパツ )

 昨年大会のファイナリストの横浜が苦しみながらも初戦を突破した。格下で、しかも1人退場者を出した相手に3失点を喫したが、3―3の後半42分にFWウーゴ・ヴィエイラのスルーパスを受けたFW伊藤が決勝点を挙げ振り切った。チームは直近3戦で計11得点と攻撃力は増しているものの守備に課題が残る。ポステコグルー監督は「次のステージ(3回戦)に進めたことだけがポジティブ」と表情は渋いままだった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2018年6月7日のニュース