長友 3バック収穫を強調「距離感が分かった」

[ 2018年5月31日 05:30 ]

キリンチャレンジ杯   日本0―2ガーナ ( 2018年5月30日    日産ス )

<日本・ガーナ>前半、ドリブルで攻め上がる長友(中央)(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 DF長友が収穫を強調した。「3バックで戦ってポジティブな要素が多く見られた」。とりわけ自身が務めた左ウイングバックについては「相手のサイドバックがどの位置なら(前に)出ていけるか、距離感が分かった」と振り返った。

 前線からプレスをかける際の連動などに課題はあるものの、試合後の選手間にはポジティブな雰囲気があったという。10年に16強入りした南アフリカ大会を振り返り「(同じように)チームが一丸となるところにたどり着けるんじゃないか」と力を込めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年5月31日のニュース