神戸入りイニエスタ 育成コーチも!?システム作りから協力

[ 2018年5月27日 05:30 ]

ウェルカムイベントで手を振るイニエスタ (撮影・奥調)
Photo By スポニチ

 ピッチ内外で“イニエスタ改革”が始まる。バルセロナから神戸に加入したスペイン代表MFイニエスタが26日、本拠地ノエスタで開催された「ウェルカムイベント」に登場。集まった8281人のサポータの前で背番号8のユニホーム姿を披露し「ヴィッセル神戸でリーグ制覇、そしてアジアでも優勝したい」と抱負を語り、大歓声を浴びた。

 今後は育成組織にも関わっていく予定で、三木谷会長は「彼は“ユースのシステムから貢献したい”と。“自分の人脈を使って、アカデミーに貢献できる人材を連れてきたい”と言っていた」と説明。育成組織の子供たちを見て「自分が行ってコーチをしようか?」とも話していたという。現役の世界的スターが直接指導するとなれば前代未聞。その影響力は計り知れない。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2018年5月27日のニュース