柏GK中村航輔は脳振とうおよび頸椎捻挫 入院し経過観察 名古屋戦で頭から落下

[ 2018年5月20日 21:07 ]

明治安田生命J1第15節最終日   柏3―2名古屋 ( 2018年5月20日    豊田ス )

柏のGK中村航輔
Photo By スポニチ

 柏は20日に行われた明治安田生命J1リーグ第15節・名古屋戦の終了間際に負傷したGK中村航輔(23)が、脳振とう、頸椎(けいつい)捻挫と診断されたと公式サイトで発表した。

 クラブは中村について「検査の結果、脳しんとう、頸椎捻挫と診断されました」と発表。「本日は大事をとって入院し、経過を観察してまいります」とした。

 中村は3―2と1点リードで迎えたアディショナルタイムに名古屋FWジョー、味方DFパク・ジョンスとゴール前で接触し、空中で1回転して後頭部からピッチに落下。立ち上がることができず担架に乗せられてピッチを後にしていた。

 中村はガーナ代表との国際親善試合(30日、日産ス)に臨む日本代表に選出されている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2018年5月20日のニュース