マルセイユ酒井宏、日本人2人目の快挙へ 16日欧州L決勝戦

[ 2018年5月16日 05:30 ]

欧州リーグ決勝   マルセイユ-Aマドリード ( 2018年5月16日 )

マルセイユ・酒井宏樹
Photo By 共同

 欧州リーグは16日にフランスのリヨンで決勝が行われ、日本代表DF酒井宏のマルセイユはAマドリードと対戦する。優勝すれば、02年に前身のUEFA杯を制したフェイエノールトの小野伸二(現札幌)以来、日本人2人目の快挙となる。酒井宏は「欧州へ挑戦に来て6年目で、初めてタイトルの懸かった試合に臨むことができる」と気合十分。優勝チームには来季の欧州CL出場権が与えられる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2018年5月16日のニュース