大迫、ブレーメン移籍か 独メディア報道

[ 2018年5月15日 21:29 ]

 サッカーのドイツ1部リーグのブレーメンが、同2部への降格が決まったケルンからFW大迫勇也(27)を獲得する見通しだと15日、複数のドイツメディアが報じた。

 日本代表として出場したワールドカップ(W杯)ブラジル大会後の2014〜15年シーズンからケルンでプレーする大迫は、今季4得点。チームは最下位で2部落ちとなり、去就が注目されていた。

 ブレーメンはかつて奥寺康彦がプレーしたクラブで、今季は1部で11位だった。

続きを表示

「日本代表」特集記事

「サッカーコラム」特集記事

2018年5月15日のニュース