横浜・ポステコ監督は強気「自分たちのサッカーをやり続けていれば結果が出る」

[ 2018年5月12日 21:43 ]

明治安田生命J1第14節第1日   横浜1―1G大阪 ( 2018年5月12日    日産ス )

<横浜・G大阪>後半、G大阪・藤本(中央)のシュートが横浜・飯倉の頭上を越えネットに突き刺さる
Photo By スポニチ

 ホームでG大阪と引き分けた横浜のポステコグルー監督は「勝ちに値するパフォーマンスだと思う。非常に試合をコントロールすることも出来たし、チャンスもたくさん作れたので残念な結果。選手たちは頑張ってくれた」と振り返った。

 後半7分、これまでの試合と同じように高い位置を取っていたGK飯倉のポジショニングを狙われ、G大阪の藤本に自陣センターサークル内から約60メートルのロングシュートを決められて先制を許した。

 これまでも再三、飯倉の高いポジショニングを狙われて失点しているが、「引き続き自分たちのサッカーをやり続けていれば結果が出る」と指揮官は断言。なお、順位は前節の15位から変わらなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2018年5月12日のニュース