Jリーグ4月度月間MVP発表 J2は2カ月連続山口から

[ 2018年5月10日 19:29 ]

 Jリーグは10日、各月の明治安田生命J1リーグおよびJ2リーグにおいて最も活躍した選手を表彰する「明治安田生命JリーグMastercard priceless japan月間MVP」の4月度受賞選手を発表し、J1はFC東京のFWディエゴ・オリヴェイラ(27)、J2は山口のMF小野瀬康介(25)が選出された。両選手とも初受賞。賞金としてJ1は30万円、J2は20万円が授与される。

 オリヴェイラは4月に行われた6試合で7得点を挙げ、得点ランクトップに君臨。小野瀬はサイドから積極果敢な仕掛けを見せ、自身も3得点を記録するなど攻撃面で多大な貢献を見せた。山口からは2・3月のFWオナイウ阿道(22)に続いて2カ月連続の月間MVP選出となった。

 ▽ディエゴ・オリヴェイラ 今回、月間MVPを受賞できて、非常に嬉しいです。この賞を受賞できたのも、家族、友人、チームメイトやスタッフ、そしてチームに関わるみなさんのお陰だと思っています。何より、日々、僕たちを支えてくれているファン・サポーターのみなさんに感謝したいです。これからも目の前の試合に全力を尽くし、チームの勝利に貢献できるように頑張ります

 ▽小野瀬康介 このたびは月間MVPを受賞することができ非常に嬉しいです。この賞はチーム全員で受賞することができたものだと思っています。いま自分の力をピッチで出せているのはチームメイト、スタッフ、パートナー、そしてファン・サポーターの皆さんがいてこそだと思っています。これから苦しい試合がたくさんあると思いますが、そんな時にチームを救える存在でいたいです。そのためには、ファン・サポーターの皆さんの声援が必要です。これからもスタジアムで一緒に戦ってください。よろしくお願いします!

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2018年5月10日のニュース