磐田 ギレルメの暴力行為を改めて謝罪 クラブ処分は後日発表

[ 2018年5月10日 15:38 ]

横浜・喜田に蹴りを入れ、スタッフに取り押さえられながらピッチを後にしたギレルメ(中央)
Photo By スポニチ

 J1磐田は10日、2日の横浜戦で暴力行為を働いたDFギレルメ(30)に対しJリーグがリーグ戦6試合の出場停止処分という厳罰を科すと発表したことを受け、クラブの公式サイトで改めて謝罪した。

 クラブは「この度、5月2日(水)明治安田生命J1リーグ第12節vs横浜F・マリノス(日産スタジアム)における、弊クラブ所属ギレルメ選手の行為に関しまして、横浜F・マリノス喜田選手、クラブスタッフの方、そして横浜F・マリノスの関係者の皆様、ファン・サポーターの皆様に対しまして、全く弁解の余地のない行為であり、非常に重大な事と認識し、心より深くお詫び申し上げます」と改めて謝罪。今後については「クラブとしての処分については後日決定次第、お知らせいたします」としている。

 ギレルメは今月2日に行われた明治安田生命J1リーグ第12節・横浜戦の後半35分、2度目の警告を受けて退場。その際、近くにいた横浜のMF喜田拓也(23)に対して一方的に詰め寄って大腿部を蹴りつけ、その後、自チームの選手に誘導されピッチを出たところで横浜のスタッフに対しても一方的に詰め寄り乱暴にひじ打ちを行った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2018年5月10日のニュース