緊急手術のファーガソン氏 集中治療が不要に

[ 2018年5月10日 09:54 ]

 サッカーのイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドが9日、脳出血のため5日に緊急手術を受けたアレックス・ファーガソン元監督は集中治療が不要となり、引き続き入院してリハビリをすると発表した。76歳のファーガソン氏は1986〜2013年に監督を務め、13度のリーグ優勝など多くのタイトルを獲得した。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2018年5月10日のニュース