鹿島戦視察の手倉森コーチ、W杯予備登録向け「みんな候補」

[ 2018年5月10日 05:30 ]

ACL決勝トーナメント1回戦第1戦   鹿島3―1上海上港 ( 2018年5月9日    カシマ )

<鹿島・上海上港>前半、先制ゴールを決め喜ぶ鹿島・鈴木(左から2人目)
Photo By スポニチ

 日本代表の手倉森コーチが視察。「昨年の浦和に続いて一つの可能性を示した。(優勝への)灯を消さないという役割は大きい。鹿島はここで(毎回)退いているから、ベテランも若い選手もそこへの意識は浸透していて、それで勝てた」と分析した。

 W杯予備登録35人の提出期限(14日)が近づくが「これだけやっていればみんな候補に挙がるでしょ。アジアで勝ち進んでいれば、候補に値するもの」と個別の評価はしなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2018年5月10日のニュース